生存証明。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラグ立て失敗
チャリで通勤中、車に撥ねられました。


正確に表現すれば接触事故程度なんですが、地面にたたきつけられたんで結構痛かったです。
ケガは全く大したことはないです。こうやって日記が書けているくらいなんで。

事故の直後に周囲の景色がスローモーションになるとよく言われますが、あれは本当ですね。
「ヤベ、ぶつかった」→「あ、今、宙に放り出されてる」→「チャリも横転してるじゃん」→「カゴからバッグが落ちちゃったけど、中に入れていたお弁当無事かな」→「つーか、肩から着地かよ」
こんな感じ。

ぶっ倒れた直後はさすがに体が震えてなかなか起き上がれなかったんですが、それでも頭の中では「今の車のナンバーは覚えたから場合によっちゃ通報だ」「頭は打ってないから別に救急車呼んで病院で診断書を書いてもらうほどじゃないか」「でも、いざとなったら第三者を入れておいた方がいいからやっぱり救急車かな」くらいは考えていた。意外と冷静だった自分に惚れ直す。

ま、事故の原因については私にも悪いところが全くなかったわけでもないと思われなくもなかったですし、運転手の人も血相変えて車から降りてきて謝ってくれましたし、被害も大したことがなかったので、その場で私も謝って終わりとなりました。手足はまだ少し痛いんですが、人生こういうこともあるさ(そう思わなければ生きていけない)


しかしですね、二次元的に考えるとフラグ立てに失敗したような気がしてならないんですよ。
何が悪かったんだ?
チャリじゃなくて、もしや食パンくわえて走るべきだったのか?
スポンサーサイト

指示代名詞の思考
どういうことかなと考えたんだけど
そういうことだとしか考えられなかったので
ああいう対応になりました。

それを選択したのはほかでもない自分自身でしょう。

続々々々・日記らしい日記
あしたは家に椅子が来ます。

これで我が家でもひげ部が開催できそうです。

続々々・日記らしい日記
あしたは家にテレビ台が来ます。

続々・日記らしい日記
あしたは家にテレビが来ます。

続・日記らしい日記
あしたは家にカーテンが来ます。

日記らしい日記
あしたは家にエアコンが来ます。

気になるあの人
サボりすぎて日記の書き方がわからなくなりました。

でも、ビリー(鬼軍曹)はツンデレらしいと聞き、それだけは日記に書かねばと思った。
何でも、彼は「やる気があるのか!」「足が上がってないぞ!」とこちらをひたすら罵倒した後に「……無理はするな。でもあきらめるな」と言ってくれるらしい。

入隊しなきゃ!
Copyright © passage. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。