生存証明。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都変身撮影旅行・中編
20060917124956
すべて順調、万事快調。

上の写真は朝っぱらから人の荷物をあさる小さな猛獣。いい写真が撮れました。

・仏像共を殺りにさ!
午前中は宇治の平等院に行ってきました。今回の旅行で唯一まともな観光です。
ポスト
宇治のポストは茶壺型。

以前にNHKスペシャルで見たとおり、鳳凰堂内部をCGで復元しているんですね。
浄土思想という意味では奥州平泉の金色堂も同じなんですが、金色堂とは明らかに違いがありますよね。復元の仕方が違う分、見え方も変わってくるのかもしれませんが。

その後は橋姫神社へ行ってみたものの、金髪先生はどこにも隠れていませんでした。でも、よく思い出してみたら金髪先生が出現するのは宇治橋跡でした。いないはずですよ。

そして宇治のコンビニでヤングアニマルの立ち読みという羞恥プレイを強要されました。ことしの流行語は「代官山オシャレファック」でよろしく。

・ハモ共を(ry
「割烹 汐」でお昼御飯。お昼からこんなにおいしいもの食べちゃっていいのかしら。きょうがこの時点で終わっても悔いはないと思いました。

・メインイベント
「時代衣装おかむら」で扮装開始。きむちさんは奈良王朝、なべは白拍子、私は花魁。このお店のよいところは、地毛結いをやってくれるところですね。

製作中
結ってくださっているのがおかむらのおかあさん。
ゴムは一切使わず、こよりのみで結うんだそうです。先に準備のできたきむちぴょんにカメラを預けて何枚か撮ってもらったんですが、どういう仕組みで結われているのかさっぱりわかりません。

もうすぐ完成
着つけとポイントメイクを済ませ、あとはかんざしを挿すだけ。

じゃん! 真後ろ
完成!
帯を前で結ぶので多少動きづらく、気をつけないと打ち掛けが肩から滑り落ちてきますが、衣装自体はそれほど重くはありません。かんざしが落ちやしないかと不安で頭を動かすのが怖いですが、地毛なので楽。

奈良王朝きむち 白拍子なべ
2人にカメラを預けていたらお互い撮りをしていたので、無断アップの刑に処す。
うん、2人ともかわいいねぇvv

このお店にはわんこタンが2匹いるらしいんですが、今回は会えませんでした。次回は会わせてもらおう。

・おばんざい共を(ry
「味 ろっこん」でお夕食。赤いこんにゃくも、ずいきも、賀茂なすの田楽も、里芋の唐揚げも、食べるものすべてがおいしい! 私は「まずくなければいい」程度の舌の持ち主ですが、京都のお食事には素直に感服しました。おいしいなぁ。

・抹茶アイス共を(ry
ホテルに帰ってからデザートに抹茶アイスを。幸せ。
あしたもあるので夜更かしはしません。22時過ぎに消灯。おやすみなさい。

Comment

 秘密にする

Copyright © passage. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。