生存証明。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひとりさま・2日目
祇園さんの節分
八坂神社にて。
ここから舞妓さんが豆まきをするそうですよ。
起きたら雪が降っていましたが、宿から出るころにはやみました。でもさぶいー。

本日は紅先笄さんに行ってきました。
有名なお店なので今さら私が書くことでもないんですが、リピーターが多いというのに納得。
ちなみにここは地毛結いのみです。節分なので別の髪型にすることもできたんですが、今回は割れしのぶを結ってもらいました。

割れしのぶ
後ろから見るとこんな感じ。
割れしのぶを結うには私の髪は少々長過ぎたので髷が大き目になってしまってますが、言われないとわかりませんよね。スタッフさんの技術に驚愕。
本物の舞妓さんの髪は大体肩胛骨ぐらいまでだそうです。それぐらいがベストってことね。

花かんざし
2月なので梅のかんざし。
1カ月ごとにかんざしを変える……いいないいな。

立姿
店内のスタジオで撮っていただきました。
これを撮っているときに「撮られ慣れてませんか?」とスタッフさんに聞かれ、返事に窮したり。

祇園白川
雨のやんだところをねらって外で撮影。
一番気に入っている写真です。(地毛を結っているんだから当然ですが)髪も自然な感じで、祇園を歩いているふだんの舞妓さんといった感じで撮れたかなと。
ちなみに、済ました顔して写っていますが、激寒いです。

梅
咲き始めの梅の前で、梅の花かんざしを挿して、というシチュエーションが気に入っています。
実年齢からは想像できないくらいよく撮れたと自画自賛。


変身を終えてからも、お茶やお菓子まで出してもらい、スタッフさんといろいろお話もして、夕方までくつろがせてもらいました。
「祇園祭のころは勝山が結えるんですよ。あんみつ姫みたいなかんざしを挿すんです」
そりゃぜひともまた来なければ!
正直な話、舞妓体験は今回を最初で最後にしようと思っていたんですが、今回が余りにも充実した体験だったので、またやりたいという気持ちが沸々とわいてきました。7月に新幹線やホテルがとれるかな(超行く気)
というか、京都人て物腰やわらかいのに何であんなに押しが強いんだろう。


突発的に一人旅に出てみましたが、実に楽しかったです。(「めきモリ」で言うと黄色だった)ストレス値もゼロになりました。幾ら使ったかは考えたくないけどね!
25歳過ぎまで写真が大嫌いだった自分が今こんなことをやっているのを不思議に思うこともありますが、この歳になってようやく私は私自身の人生を好きになり、己がこの世界に存在することを許せたんじゃないだろうかと考えます。世の人が全部こういうことをするわけじゃないでしょうが。

次は勝山を結うために7月ですな。

Comment

 秘密にする

おお!こりゃまた突発だね!
エリザベートまた着たのね…。相変わらず似合うね!

私はGWにスペイン出張になったんで、闘牛士の扮装してくるよ☆
きむち | URL | 2008/02/17/Sun 16:09[EDIT]
ライフワークだからね(嘘)

闘牛士を楽しみにしてるよ!
闘牛士だけじゃなくて牛の扮装もしてくれたらもっと嬉しいですが。
それをブログにうpしてくれたらさらに嬉しいんですが。
茉莉望 | URL | 2008/02/22/Fri 22:12[EDIT]
Copyright © passage. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。