生存証明。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限定トートバッグつきパンフレット
The Musical AIDAを見てきました。
以下、感想。
・先に見に行っていた人に感想を聞いたところ「感想? ああ、裸だよ。裸祭」とだけ返されて、一体何が起こっているのかと内心おののきながら見に行ったら、確かに裸祭だった……! 演出家にその気があるのかと思った。古代エジプトが舞台とはいえ、あそこまで男優陣を半裸にする必要は一体どこに?

・予算少なかったんだろうなぁ……と思うくらい、舞台が寂しい。やはりアイーダ、アムネリスが従える侍女はそれぞれ7~8人は欲しい。というか、宝塚版にいたカマンテとサウフェは削っちゃだめだろ。

・宝塚版よりリアルに、というが、アイーダがアムネリスの侍女に張り倒された挙句首絞められたり、一人のエチオピア兵に複数のエジプト兵が一斉に襲いかかっていたりした宝塚版のほうがよほどエグかった。

何でアイーダの衣装は膝丈なんだよ。(最大の怒りポイント) いや、まじめな話、宝塚から衣装借りてこいよ。

・ウバルドが言うところの「俺の剣」はナイフにしか見えないのだが。
ホーリーナイツダガー
私の剣は刃渡り26cmだが、これでようやく短剣といったところだ。刃はついていないが、鈍器としては使用可能だと思う。


・ま、何だかんだ言って、年末に出るDVDは買いますけどね。

Comment

 秘密にする

Copyright © passage. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。