生存証明。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙中閑
ことしの夏はなぜこれほど忙しいのか。
解散→職場の引っ越し→研修etc.
何だってこの暑い時期に重なるんだ!

あしたから夏休みだ!
何もしないからな!

完結するまで生き延びよう
「破妖の剣」の新刊が出ていたことに驚愕。
絵師交代が何だかんだと言われていますが、完結させる意思が作者にあるだけいいじゃないですか!

こっちは銀バラの新刊を待ち続けて16年だ!

まずは一言
花組の「オグリ! ~小栗判官物語より~」を見てきました。

感想。
ああ、えりたんは美しいなぁ。

いや、内容もおもしろかったですよ?
小栗と照手姫が再会するところは結構感動しましたし、鬼鹿毛が涙を流すところは爆笑しましたし、毒殺された小栗が階段を上って黄泉の国に向かうのには「おまえはマリー・アントワネットかよ」と突っ込みたくなりましたし。
でも、そんなことより、えりたんの美貌。

そりゃ、人によって美的感覚はさまざまだとは思いますがね。私にとっては直球なんですよ!
純粋に美形の悪役ができるタイプの美貌ですよ、絶対。
そういえば、「送られなかった手紙」でヒロインを張り飛ばしてなかったか。気のせい? 夢(よく見る)? ああそう。

少々不満だったのは、話の進行上仕方がないとはいえ、2幕開始から20分以上台詞なし、しかも布をかぶって余り顔を見せないという演出ですよ!
顔を見せないでどうする! 美しいんだから、もっと見せろ!
ま、不満点はそのくらいだったということで。

十年一昔
電化製品が一気に壊れ始めたので気づいたが、あの人に最後に会ったのはたしか10年前のこの時期だった。

最後に会ったときの会話を思い出すに、20年近く一緒にいたのに何一つ確かな絆がなかったのだと思う。
この10年、会いたいと思うことなど1度たりとてなかった。
あの人が私に会いたいと思ったかどうかは知らない。
だが、会いたいという意思を持っていたとして、その会いたい対象は私ではなく、あの人の言いなりになる都合のいい娘としての私であろうということは確信を持って言える。

この年齢になってみれば、さまざまな事情があったのだろうし、あの人もまた弱い一人の人間にすぎなかっただけだということは理解できる。
理解できるのと、受け入れるのは違うというだけだ。
そして、許すということとも違うということだけだ。

私が何を考えていたかのか、あの人は今でも想像もつかないだろう。
そもそも、あの人は私が意思を持った一人の人間であるということすらわかっていなかったのだ。
私があのときどんな思いでいたのか、推しはかることさえしなかった。

10年間考えて得た結論は、許せないということだった。
そして、この先も一切かかわりたくないということだった。
おまえもハタチ過ぎた大人なんだから許して歩み寄ってやれよと人に言われたことがあるが、何をどう考えてもそれは無理。

赤い靴
20090527210045
親から「お前は末端肥大症」と言われて20数年。(語感だけで適当なこと言いやがって)
自分に合う靴がどうしても見つからないので、いっちょオーダーしてみました。

まあ、1度はプロに頼んでみるものだなと実感しました。
なぜ今まで合う靴が見つからなかったのか、理由がわかりましたからね。

ヒールの高さや金具の色、使う革の種類まで細かく指定できるのはうれしいんですが、
「仕事用だから黒1色のがいいや」と思っているこっちに、
「ほかの色も(ry」「同じ黒でもエナメルは(ry」「スウェードは(ry」

黒い靴を買いにきたのに赤い靴なんて買ったら、首切り役人に足首ごと吹っ飛ばされるだろ。
Copyright © passage. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。